子供部屋の有無

個室をもつことの功罪-子供部屋の肯定的側面.
では子供部屋をもたせることはこのような時期の子供にどのような影響をもつのでしょうか。また、もたせるとすればいつ頃がよいのでしょうか。
・自我の確立をたすける子供部屋
まず、部屋の「有無」が子供の発達に本当に決定的な影響を及ぼすのかという点について考えてみます。この問題について、発達と子供部屋の関係を住居学の立場から系統的に研究している大阪市立大学の北浦かほるらのグループは、それまでの議論が具体的なデータに基づいていないことを批判し、調査をおこないました。その結果を簡単にまとめると次のようになります。①子供部屋を与えることが従来いわれてきたような家族内のコミュニケーションを阻害することはない。②子供部屋-とくに「ひとりになる、思考・空想の場」としての子供部屋をもつことが精神面での自立を助ける。③ただし、こうした積極的な効果はとくに中・高校生の時に顕著である。普段は遊び道具でも緊急時には非難用具になる設備もあると安心です。マンション 売る 貸す ←こちらではさまざまな不動産を見られます。この調査は小・中・高校生の時の生活については現在(大学生)の記憶に頼っているという問題はあるものの、子供部屋の肯定的側面を実証的に明らかにした点で評価されます。反面、小・中・高の段階では子供部屋所有が心理発達に意味をもつが、大学生ではそれが消失するという点で、子供部屋の意義の限界を逆に示唆しているとも見なすことができます。つまり、大学生になれば子供部屋の有無とは関係なく自立性が身につくのであれば、子供部屋云々を声高にいう必要もなくなります。

FH011_L

私のお部屋

「私のお部屋」への工夫-好きな音楽に囲まれて

ところで、住まいの自己表現に触れました。子供部屋の場合も、部屋の装飾は空間の個性化という側面から考えることができます。では実際、子供たちはどうやって部屋を飾っているのでしょうか。調査によれば、八割ほどの子供はその部屋をポスターなどで飾って自分の好みに合わせているといいます。その内容は年齢によって変化し、中学生では人物ポスターが多いのですが、高校・大学と少なくなり、風景ポスターが逆に多くなるようです。ただ、こうした装飾が自己表現あるいは部屋の個性化として行われているかというと必ずしもそうではありません。更に詳しく調べるなら、家 高く売る ←こちらがお勧めです。ですから、自分の子供の部屋がいろいろ飾られているからといって、第一章で述べたようなことがあてはまるとは限りませんので注意が必要です。筆者の調査では、大学生の場合、自己表現ということでしばしばおこなわれていることは「趣味に関連した物を飾る」ですが「好きな音楽を常にかけておく」というのも上位にありました。こんなところにも「カラオケ世代」とでもいえる音楽とは切っても切り離せない現代の若者の生活の特徴がでているのかもしれません。ちなみに、ポスターを使う者は二割にも達しません。

FH009_L

子供部屋の使い方

では子供部屋で子供たちはいったい何をしているのでしょうか。親の立場からすればこれが一番気になるところでしょう。
低学年は「勉強」で、高学年は「一人になりたい」から部屋にゆく。まず、子供は一日のうち平均するとどれくらいの時間、部屋で過ごすのでしょうか。一日のうち自室にいる時間を調べた調査によれば、小(五・六年)・中学生では一.三時間が多く、高校生になるともっと長くなって三.四時間を自室で過ごす子が最も多くなり、c。他の調査でもほぼ同様の数字が得られています。また男女差では小学生の段階では女子の方が自室にいる時間が長いようですが、その差は年齢が進むにつれてなくなります。子供部屋でしていることの代表は、「勉強」「睡眠」「プライベートな行為」となります。もちろん、実際にはこれに「遊び・趣味」が加わることはいうまでもありませんが、遊びは子供部屋に限らないので、上の三つが子供部屋特有の行為といえるでしょう。さらに子供部屋での行為は年齢とともに変わります。たいていの研究者が指摘するのは、高学年になるほどプライベートな行為が増えるということです。興味深いことには、北浦らの研究によれば、低学年の子供の場合、ひとりになるということは勉強と関連しているといいます。つまりこの頃の子供は三人になる」ということは勉強することと重なるということです。ところが、年齢とともに.人になる」というのは勉強から離れ、独立した欲求となることが示されています。ただ低学年の子供でも、子供部屋の使用が多い子は「自分の大切なものをしまう」「腹が立った時、閉じこもる」三人で考えたり、空想する」ということを部屋でおこないます。たくさんの物件をこちらのサイトから→一戸建て 売れない ご覧いただけます。これはそういった子供では、自分の部屋がプライベートな空間という点で高学年の子と同じような意味をすでに獲得しているということを示します。もう一つの主要な子供部屋の使い方は「友人をもてなす(遊ぶこことです。例えば筆者の大学生の調査では専用の個室をもつ学生の七割から八割が友人を自室に招いています。そして共用の場合でも、比率は減りますが五割から六割がこのために自室を使います。ただ、浅見の調査ではこの比率がもう少し低く、しかも高校・大学の女子では二割程度になっています。この差が調査の年代による子供の生活態度の違いによるのか、方法論的な違いによるのかは明らかではありませんが、少なくとも現在の子供は友人と自室で遊ぶということはできるでしょう。

FH008_L

自分の空間

自分の空間を保有するという要求は三歳.学齢前の段階の子供の七割にみられ、その具体的な場所は「自分の物を入れる場所」だといいます。また、プライバシーの欲求も早くから現れます。プライバシーをどのように定義するかは一つの問題ですが、「自分自身に関する情報の管理及び他者からの孤立を可能にする状態」とすると、こうした欲求は既に三・四歳の幼児でもあるといわれます。以上をまとめると、自分自身の場所を確保したいという欲求は子供の発達の早い時期にみられますが、それらすべてを保障する個室など特定の空間への欲求は思春期・青年期に強まるといえるようです。ではこの思春期・青年期とはどういった時期なのでしょうか。心理学では一○代から二○代前半までを青年期と呼びますが、思春期はとくにその前半(一二・三歳.一五・六歳)にあたります。この青年期はいわば子供から大人への転換期にあたります。そのため、この時期、子供はさまざまな課題を解決してゆかねばなりません。ところで、不動産に関するあらゆる情報は、←こちらから収集できます。その中心的課題のひとつが自分の確立、すなわち自我の確立です。児童期の終わりに子供は身体的な成熟と自分の興味、嗜好、友達関係などの急速な拡大に直面します。ところがこうした変化がもたらすさまざまな問題はそれまでの無邪気な、保護された行動の仕方では処理しきれません。

FH007_L

子供部屋への欲求の発達

では子供の発達にとって個室はどういった役割をもつのでしょうか。この問題について考える前に子供の発達について簡単にみてみます。
・自分の場所への欲求は三歳から!
まず、私たちは他人に邪魔されない自分の場所をいつ頃から欲しがるのでしょうか。おそらく誰でも子供の頃教室で二人掛けの席に並んでいる時、隣の子と「ノートが僕の場所に入ってきた」「いや、ここからここまでが僕の場所だ」と言い合った記憶があると思います。第一章でも触れた、こうした「なわばり欲求」の発達についての詳しい研究はまだ充分なされてはいないようですが、登校拒否と個室利用の関係を調べている静岡大学の外山知徳によれば、それはおおまかに次のようになります。まず乳幼児期には母親に代表される安心できる場所への欲求があり、それが拡大分化すると同時に、学齢期になって自分の場所という意識が形成されます。そして家の中にプライバシーを守れる空間を欲するようになるのは思春期だとされます。実際、小.中・高校生を対象とした調査では、小学校五・六年生の段階ですでに七八%の子供が自分専用の個室を欲しがっているという報告もあります。しかも家族も含む他者の侵入に対する抵抗感は小・中・高と学年が進むにつれて高くなります。このことを示すように、小中学生が子供部屋を欲しがる理由は.人になる、他者の干渉からの自由」というのが大半となっています。昔から当たり前のように言われている安全な方法は改めて確認しましょう。その他の不動産に関する情報は、←こちらのサイトからたくさん見られます。アメリカ合衆国の研究でも寝室の扉を閉じるようになる年齢は一○.一三歳といわれています。このように個室確保の欲求は思春期が一つのポイントになりますが、部屋とまではいかなくても自分の場所に対する欲求はもっと早く、三歳頃にすでにみられるといいます。

FH006_L